耐震

10区市庁舎、耐震に不安…23区・武蔵野6市 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 都内23区と武蔵野地域6市の本庁舎のうち、震度6強~7の地震で建物が損傷し、「継続使用できない恐れ」がある自治体が10区市あることがわかった。熊本地震を受け、読売新聞社がアンケートを実施した。10区市のうち、来年度に免震工事を予定する調布市以外の9区市は建築基準法の新耐震基準を満たしている。しかし、倒壊の危険は小さいものの柱や梁(はり)が損傷し、業務が継続できない恐れがある。都独自の指針では、災害拠点となる本庁舎に求める基準に満たない自治体はさらに増え、20区市に上る。

情報源: 10区市庁舎、耐震に不安…23区・武蔵野6市 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


 

実際の自治体における耐震化の対応は、こうした程度です。見た目だけでは、古いとか程度しかわからず、本当に耐震化されているのか、地震に耐えられる建物なのかは調査してみないとわからないのです。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-耐震