耐震

サーチナ|日本の建物「耐震性」に改めて感心、「古き智恵を評価」、「できる改善はただちに実行」、「先端技術を不断に追求」=台湾メディア

2016/02/12

 台湾メディアの聯合新聞網は、6日に発生した地震で、台南市で17階建てビルが倒壊した事態を受け、「南台湾では強い揺れがビルを倒した。日本の建築耐震技術を見よう」と題する記事を8日付で発表した。(イメージ写真提供:(C)Sam D Cruz/123RF.COM。法隆寺五重塔)

情報源: サーチナ|日本の建物「耐震性」に改めて感心、「古き智恵を評価」、「できる改善はただちに実行」、「先端技術を不断に追求」=台湾メディア

 


 

日本の耐震技術は世界的に見ても高い水準です。それは、もともとが地震を前提として建物の基準が計画されているからです。
耐震技術は優れていても、耐震基準は、地震によって変更されてきているため、過去の耐震基準で建てられた建物は、現在の耐震基準には適合していないという「適合不適格」な建物が存在していることも事実です。
きちんとした耐震基準とは?今の耐震基準に準じていればいいのか? 建物を建てる人の意識が重要だと思います。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-耐震