木構造

林業:新時代の予感 - 毎日新聞

94170a3d497b8a23a9ad24e033b6d503_s 斜陽産業の代表格と呼ばれ、不振が続いた林業や木材業だが、このところ活気が出てきた。戦後にスギなどの植林が全国展開されて半世紀。人工林が伐採して使える利用期を迎えたことを背景に、都会にも木造の大規模施設や店舗が登場し、若者の就業も増えている。木材自給率も四半世紀ぶりに30%を突破した。企業の従業員に対するメンタルケアでも木材が注目されている。木の新時代を予感させる動きを追った。【山本悟】

情報源: 林業:新時代の予感 - 毎日新聞


 

木造が注目されています。こうした木造の普及から、木造の耐震化に対しても多くの方が意識してもらうようになるといいですね。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-木構造