木構造

焼失確率分析による木造密集地域対策の見直し②~効果的な不燃化推進のために | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【HOME'S PRESS】

「火災による建物等の延焼を防ぎます」として、都は市街地を燃えにくくする不燃化特区の着実な実施を打ち出し、「2020年までに整備区域内の不燃化 延焼による焼失ゼロ」を目標に掲げている。しかし、現在の基準では不燃化政策の効果を正しく測ることは難く、焼失確率による一貫した基準にすることが求められる。

情報源: 焼失確率分析による木造密集地域対策の見直し②~効果的な不燃化推進のために | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【HOME'S PRESS】


 

木造建築については、だいぶ昔に建てられた木造建築では、この木造密集地域対策が課題となっています。

木造が密集している地域では、火事による延焼の可能性をクリアしなければなりません。耐震化についても基準は変化していますが耐震の場合は、新築したり改装することでクリアできますが、延焼については、昔の基準と今の基準をクリアしていくには建て替えなどの施策が行われますが、今と同じ広さで建てられないなどの都市計画上の問題が発生しているため、なかなか進んでいないのも事実のようです。こうした面も、木造建築の課題としてあると思います。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-木構造