地震 防災

生徒が未来を決める…兵庫・舞子高「環境防災科」の奮闘 : まとめ読み「NEWS通」 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

[1][2] 東日本大震災から5年が経過する春となる2016年4月、被災地の宮城県にある県立多賀城高校に「災害科学科」が誕生する。目的は、大震災の教訓を次世代に伝え、将来の災害から多くの命と暮らしを守る人材を育成すること【まとめ読み「NEWS通」】

情報源: 生徒が未来を決める…兵庫・舞子高「環境防災科」の奮闘 : まとめ読み「NEWS通」 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4


 

「環境防災科」で、こうしたことをきちんと学ぶことは大事です。震災は、地震が起こった時の避難から、避難中の問題、そして、被災後の環境整備などなど。
地震が起こった時や起こる前の情報は多くありますが、実際に地震が起こった後の対応については、まだまだ整備が必要です。こうした取り組みを応援したいですね。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-地震, 防災