防災

宮城県/<広域防災拠点>用地売買交渉難航で足踏み

宮城県が仙台市宮城野区宮城野地区で進める広域防災拠点整備事業で、用地となるJR仙台貨物ターミナル駅をめぐり県とJR貨物の売買交渉が難航している。県は既に予算化した土地取得費を新年度に繰り越す方針だが、一部利用開始時期の2020年度は堅持する。(河北新報 ONLINE NEWS)


 

防災拠点が必要なことはわかりません。でも、大きな土地には企業も絡んでいます。企業のタイミングもあり、なかなか時間もかかる問題です。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

 

-防災