地震

首都直下地震発生時は、14万人が救助活動|日テレNEWS24

中央防災会議は29日、首都直下地震が起きた場合、地震発生後、生存率が大きく下がる72時間までの間に、1都3県に自衛隊員や消防、警察など計最大14万人を派遣して救助活動を行うとする計画をまとめた。被災地の要請を待たずに食料などを送る計画も。

情報源: 首都直下地震発生時は、14万人が救助活動|日テレNEWS24


 

首都直下型地震。。。考えるだけでも恐ろしい。 事前に予測し、対策を考えることは必要です。「耐震化」することが最も大事な準備です。それは、一人ひとりの意識です。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

-地震