最新ニュース

<PRESS>「耐震住宅100%」新CM発表

2016/12/19

「耐震住宅100%」新CM発表

~10月1日(水)から2週間限定で32都道府県にて放送スタート~

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区港南1−7−18
代表取締役社長:田鎖郁男
資本金:1億円

01

全国のSE構法登録施工店(独立系住宅ビルダーと工務店)を通じて、全棟構造計算書付きのSE構法を供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、2014年10月1日~10月14日の2週間限定で、「耐震住宅100%」(※1)の協賛企業エリア32都道府県にて、テレビCMを放映いたします。

 このCMは「耐震住宅100%」のポスターのビジュアルを使った作品となっており、神戸の街並みを背景に、木の上に不安定に置かれた、水の入ったペットボトルの映像が、俳優:吉岡秀隆氏(※2)の「日本のすべての家を100%耐震に」というナレーションと共に流れます。透き通るような声が印象的な背景の唄は、中国人歌手のチェン・ビー(※3)が、このCMのためにつくってくれたオリジナル楽曲となっています。 CMを製作したのは、「耐震住宅100%」のポスターやバッジのデザインを務めた、日本デザインセンターの原研哉氏(※4)です。このCMコンセプトは「祈り」です。地震よって平穏な風景は一瞬で崩れ去り、建物が崩壊し、多くの尊い命が犠牲になりました。「耐震住宅100%」の活動は、こうした震災の大きな被害を乗り越えて、「暮らしを守りたい」という参加者の切実な想いがあります。「空」、「水」、「人が生きる町」を守りたいものとして表現し、「守りたいものの原点を感情移入できる、いわば『イメージのよりしろ』としてのビジュアル」だと原研哉氏はCMについて語っています。さらに、「本プロジェクトの主旨には賛同しております。是非、このビジュアルを活用して盛り上げていってください。」という応援メッセージを頂きました。 みた後に、大切な人やモノ、風景が思い浮かぶような、メッセージ性の強いCMに仕上がったので、何かを感じとったり、耐震や暮らしについて、考えるきっかけになればと考えています。 テレビCMについてはWebサイトでも公開しています。(http://www.taishin100.com/)

■CMについて →テレビCMの映像はこちらからご覧ください。

【放送期間】   2014年10月1日~10月15日

【放送地区】   全国32都道府県(北海道、青森、岩手、福島、群馬、石川、三重、愛媛、徳島、鳥取、島根、山口、長崎、鹿児島、沖縄を除く) 【製作】     日本デザインセンター

【ナレーション】 吉岡秀隆

【歌】   程璧(チェン・ビー)

【URL】 Webサイトでも公開しています。(http://www.taishin100.com/

※1 「耐震住宅100%」プロジェクトは、2014年6月3日に閣議決定した「国土強靭化基本計画」(※1)を受けて、日本の住宅の建設業界全体に対し、旧耐震で建設された建物(1981年以前の建物)の改築と改修を促すこと目的しています。「耐震住宅100%実行委員会事務局」に㈱エヌ・シー・エヌ、初代耐震大使に三浦雄一郎氏を迎え活動中です。活動内容の詳細は前回のプレスリリース、またはWebサイトをご覧ください。

【Webサイト】 http://www.taishin100.com/

※2 程璧 [Chengbi](チェン・ビー)プロフィール 北京大学在学中に音楽やエッセイ、写真の創作を始める。2012年に北京でファーストアルバム「晴日共剪窗」を発表。その後、活動の拠点を東京に移し、都内のライブハウスを中心に演奏を届けている。 2013年11月、CCTV(中国国営放送局)の音楽番組に出演し、最優秀創作賞を受賞する。 彼女が紡ぎだす言葉とメロディーは、文化を越えて優しさを伝える力を持つ。

【Webサイト】 http://www.annapatio.co.jp/artist

※3吉岡秀隆 プロフィール 81年に放送が始まったTVドラマ「北の国から」シリーズの純役で、名子役として絶大な人気を集める。同シリーズは最終作「2002 遺言」まで21年間続いた。これと並行して、山田洋次監督の映画「男はつらいよ」シリーズの27作目「浪花の恋の寅次郎」(81)から最終作「寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉」TVドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズ(03~06)も人気を博した。

【Webサイト】 http://home.catv.ne.jp/ff/show-p/yoshioka/

※4 原研哉 プロフィール  1983年武蔵野美術大学大学院修了。同年日本デザインセンター入社。広告その他で活躍。幅広い領域のデザインプロジェクトを展開。日本的な感性を生かしたデザインが特徴とされる。2001年より無印良品のボードメンバー。広告のほか、アートディレクション、企画、運営も担当する。2014年から同社代表取締役社長に就任。

【Webサイト】 http://www.ndc.co.jp/

■SE構法について

 SE構法とは、コンピュータ制御による高精度プレカットによって作られた集成材を軸組部分に採用し、接合部にNCN独自開発によるSE金物を使用することによって、圧倒的な構造強度を実現、大空間や大開口を可能にした住宅構法で、国土交通大臣の一般認定を取得しています。また、CADと連動した立体応力解析を物件ごとに行うことで、「勘」に頼らない、具体的な構造計算のデータを基にした安全性を確保できるため、真に安心して建てることのできる住宅として注目されています。施工する工務店も、NCNが開催する講習を受け試験に合格し登録施工店の資格を取得する必要があります。現在523社(2014年3月末現在)が「SE構法登録施工店」として活躍しています。2013年10月には、CIロゴを「耐震構法SE構法」に一新し、創業以来、全棟構造計算・全棟性能保証を実施し、延15,748棟(2014年3月末実績)の構造計算を行ってまいりました。

 ※本文中記載の社名、及び商品名は各社の商標または登録商標です。

■会社概要 【社名】  株式会社エヌ・シー・エヌ

【設立】  1996年12月11日 【資本金】 1億円 【従業員数】 66名(構造設計一級建築士3名、一級建築士20名、二級建築士13名) 【事業内容】・木造システムの提供―SE構法  ・建築ネットワーク事業  ・建築関連サポート 【免許登録】 一級建築事務所登録 東京都知事登録 第53799号   建築業登録 国土交通大臣許可(特‐22)第23620 【関連会社】 SE住宅ローンサービス株式会社   株式会社エヌ・ディ・エヌ   株式会社MUJI HOUSE(無印良品の家)

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社エヌ・シー・エヌ

総合企画室 松延(マツノベ)・佐塚(サツカ)まで

電話03-6872-5637、FAX03-6872-5725 Mail : info@ncn-se.co.jp

-最新ニュース