次郎長info

義理と人情

douzou-2清水みなとの名物は、お茶の香りと男伊達。
幕末、明治維新にわたり、東海はもとより、その暴れん坊ぶりは全国にその名を轟かせた世紀の大親分、清水の次郎長。広沢虎造の浪曲をはじめ、数々の時代劇、映画などによりその武勇伝も、こん日まで多くの人に語り継がれてきました。が、ここまでならばただの悪党。義理が重たい仁侠の世界で名をはせたからとはいえ、次郎長がこれだけメジャーになったのは彼の晩年の生きざまを語らずして無いと言える。彼ののちの功績を見ておわかりのように、まさに転身、人を愛し人に尽くした後半生。これこそ御人が多くの人々に愛され評価されている由縁なのであろう。

情報源:http://jirocho.com/


江戸時代の次郎長さんを知っている人は多いのですが、明治時代の人情ある次郎長さんを知っている人は意外と少ないです。

(耐震住宅100%実行委員会 事務局)

 

-次郎長info